HOME > コスメキッチンジャーナル vol.25 Spring Edition > 三苫愛の春のメイク提案

[rms beauty]
アンカバーアップ 00

5mL/¥4,800+税 ★

シミやくすみが気になる部分や赤みが気になる部分のみ使用。乾燥が気になる季節も、保湿も安心、カバーカも安心。

[to/one]
デューイ モイスト ルースパウダー

17g/¥3,800+税 ★

つや感は残しつつ、仕上げにTゾーン、お顔の中心にふんわりとのせる。

[to/one]
アイブロウパウダー02

1.2g/ ¥3,300+税 ★

真ん中のカーキカラーを眉毛の隙間を埋めるようにブラシで描いていく。グレージュの様な色で、垢抜けた締まった印象に。

[HURRAW!]
シルバーオーラアクセントバーム

5.8g/¥3,800+税

アイホール全体にのせ、ツヤ感をプラス。すりこむようにやや広めにのせ、下瞼にも薄く伸ばす。

[rms beauty]
アイポリッシュエンブレイス

5mL/¥3,800+税 ★

ココナッツオイルベースで保湿も出来るのでマルチにチークで使用。中央外側寄りにポンポンとのせる。まるでローズクォーツのような甘すぎないミスティピンクが、血色感を出しつつ自然な光沢感でツヤ肌を演出。 ※ヤシ油(保湿成分)

[m.m.m]
スパークルシャドウペンシル DUO 02

¥3,600+税 ★

ペンシルのトワイライトピンクのみ使用。下瞼のキワを細く埋めていく。目頭と目尻は少し余白をつくり、ほんのりピンクを主張した目元に。

[anelia natural] トリートメントマスカラ(ブラウン)

7mL/¥2,300+税 ★

さりげなくナチュラルに伸びるように、1本1本丁寧に上下にのせる。

[rms beauty]
リップチークデミュア

5mL/¥4,800+税 ★

内側から血色感が広がるように、ブラシで全体にのせた後、指でぽかす。

アイテムを全てチェック

※★印のあるアイテムはすべてWEB STOREでもご購入いただけます。
※取扱い商品は店舗により異なります。
※新商品は発売日が変更となる場合がございます。
※アクセサリーは全てPLUIE(プリュイ)

三苫愛Ai Mitoma

都内ヘアサロンで12年間美容師として働きながら雑誌や著名人のヘア&メイクアップを担当。ロサンゼルスへ移住し、現在は独自のファッションセンスをSNSから定期的に発信。インスタグラムのライブビューワー13000人、9万ビューワー記録。女性本来の美しさを大切にしながら、新しい価値を提案するヘア&メイクアップアーティスト。

Kaoru Saito's Column

message_subtl <第二章>

ハグの力学……
お互いの温もりを伝え合えば、そこに言葉はいらない。

いろんな意味で、1つの区切りとなるはずの2020年……今年は星の巡りから言っても、明らかに“新しい始まりの年”になると言われる一方で、もっともっと感情を豊かに表現するべき年であるとも言われる。それはまるで、東京オリンピックが世界中から人々を招き入れる年であるのを予測していたかのよう。言うまでもなく、日本人は感情表現するのが苦手と言われてきた訳で、今こそ“おもてなしの心”で海外の人々を思いを込めて受け入れましょうという提言にも聞こえるのだ。

でも言葉の壁もあるなかで、一体どうやって?同時通訳を可能にした機器やアプリは、一見冷たくも思えるけれど、ひょっとすると今までよりはキメ細かな気配りや思いやりの感情を丁寧に伝えることができるのかもしれない。でもやっぱりその前に、感情を伝えるのは言葉を超える“表情やぬくもり”だったりするのではないか。そして、日本人に最も不足しているのはそれなのかもしれないと思うのだ。

そこで一番残念に思うのは、日本に「ハグ」と言う挨拶の習慣がないこと。例えば、愛する人を失ったような人を、友人たちが慰めるような場面……それが映画のワンシーンであっても、そこに言葉はない。ただただ、ハグがあるだけ。悲しみにくれる人をひたすらしつかり抱きしめ、その苦悩を分かち合い、少しでも和らげてあげるための抱擁であることは言うまでもない。そこに、言葉は何もいらないのだ。
いや、言葉はないけれど、抱きしめ抱きしめられている間中、2人は言葉のない対話をしている。まさに言葉以上の思いを伝え合っているのだ。ただ黙って抱きしめ合う沈黙の時間、それ以上に尊い時間ってあるんだろうか?

そう思うからこそ、日本人にハグの習慣がないことが恨めしい。同じような場面で日本人はひたすらお辞儀をし、決まり文句とも言える言葉を静かに唱えるだけ。それが日本の流儀であり様式美であるのは言うまでもないけれど、体と体を合わせて触れ合うことができれば、もっとはるかに深く熱い思いを伝えられるのに。そう思うからなのだ。

もちろん悲しみの湯面ばかりではない。喜びを分かち合う時、何かを達成した相手の努力を労う時、そして心からの感謝を伝えるべき時、「おめでとう」と言うより、「お疲れ様」と言うより、「ありがとう」と言うより、相手をぎゅっと抱きしめたい、そういう場面は数限りなくあるはずなのだ。

モア ザン ワーズ………言葉を超えて、伝えたい想い。私たち日本人もそろそろ、それを伝える術を持つべきなのではないか。ハグがまだ恥ずかしいのなら、両手を相手に差し出して、力強く握手するのもいいかもしれない。相手と体を並べて肩を抱くのもいいかもしれない。どちらにせよ相手の肌の温もりを感じ、自分のぬくもりを伝えることによってしか伝わらない思いがあることを知って欲しい。何よりも、モア ザン ワーズの真心も。

齋藤薫美容ジャーナリスト/エッセイスト
女性誌編集者を経て独立。女性誌において多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザー、NPO法人日本ホリスティックビューティ協会理事など幅広く活躍。『Yahoo!ニュース「個人」』でコラムを執筆中。最新刊は初めての男モノ『されど、男は愛おしい』(講談社)。また『“一生美人”力 人生の質が高まる108の気づき』(朝日新聞出版)他、『されど“服”で人生は変わる』(講談社)など多数。

Feel nature Choose sustainability 〜自然を感じ、持続可能なライフスタイルを〜

この便利な世の中の文化を維持・進化させるために、
自然界に学び、共存共栄できるような暮らし方、
自然に負担を掛けない有機的なライフスタイルを提案していくという意味でのFeel Nature。
Sustainabilityとは持続可能性。つまり、環境や社会にやさしいということ。
未来もずっと、現在のような環境下で人類が地球上で生活し地球上のすべての人が
できるだけ平等に社会的恩恵を受けられることを願っています。