HOME >  コスメキッチンジャーナル vol.31 Autumn Edition >  ナリン

Summer new item

スイス生まれのナリンついにコスメキッチンで限定展開開始! 1954年、スイスの小さな村ザルネンで生まれたナリン。コスメキッチンでもハーブオイル33+7が大HIT!今では世界26か国以上で愛されるブランドに。60年以上地道に培われたナリンの魅力をより多くの方々へ伝えるべく、この秋取り扱い商品を拡大&コスメキッチン限定展開を開始します。ナチュラル&オーガニックはもちろん、生産時のCO2排出ゼロなど環境にも配慮したナリンのウェルネスアイテム達をぜひ毎日のお供に。

What's nahrin?

ナリンは1954年に誕生した3代にわたって続くファミリーカンパニー。スイスアルプスに囲まれた小さい村ザルネンの地域貢献の一環として ウルリッヒ・ユーストリッヒが自然派食品を始めたのがきっかけでした。 中世から修道院に伝わるハーブレシピや、最新技術を使って植物の力を引き出す。伝統を守りながら新しいチャレンジを続けるナリンは、現在スイス国内でブランド認知度70%以上*を誇り、食品からコスメやアロマまで体内外から美容と健康をトータルサポートする推奨する ナチュラルコスメ/ウェルネスブランドとして、世界26カ国以上で愛用される存在に。 *2012年にスイス国内において実施した独自調査結果に基づいています。

ナリン1の人気者!コロコロ塗ってすっきりアロマ体験

スイスの修道院に中世から伝わる、33種の精油と7種のハーブをブレンドしたアロマオイル。すっきりとした香りは男女問わず親しまれ、ギフトアイテムとしても 人気です。首、こめかみ、肩のほか、爪まわりの保湿としても使えます。

ハーブオイル33+7ロールオン

10ml / ¥2,530

泡タイプで使いやすい男女で使えるデリケートフォーム

デリケートゾーンや脇など悩みの多い部分をやさしくクレンジング。トウキンセンカ*1やアロエ*2が保湿して肌荒れを防ぎます。家族やパートナーともシェアしやすい、さわやかなティーツリーの香り。 *1トウキンセンカ花エキス *2アロエベラ葉汁(ともに保湿成分)

インティメイトフォーム

200ml/ ¥2,640

7種のハーブの香りでうっとりと乾燥ケアも心地よく

ジェルを掌で温めると、オイル状に変化して全身に伸ばしやすい。ロールオンが人気の「センシュアル」と同じく、イランイラン*1やローズ*2の温かみのある香りを全身にまとって。酸化を防ぐエアレスポンプなのもポイント。 *1イランイラン花油 *2ダマスクパラ花油(香料)

ボディジェルオイル

100ml / ¥2,860

アイテムを全てチェック

※取扱い商品は店舗により異なります。
※新商品は発売日が変更となる場合がございます。
※価格はすべて税込みです。

Kaoru Saito's Column

あなたはなぜオーガニック
コスメを愛するのか?
じつはそこにも潜む、「流汗悟道」の言霊

価値観が 180 度変わる……何年も前からそう言われていたのは、 ‘‘風の時代 ‘‘の始まりを意味していたはずである。ところがまさにそのタイミングで訪れたのが、コロナ禍という未曾有の出来事。 偶然なんて思えるわけがない。 これは、紛れもない必然だ!なぜなら ‘‘風の時代’'を声高に謳わないまでも、「物より心。 お金では買えない、 目に見えないものをこそ大切にすべき時代」という価値観の変化を、 コロナ禍に否応なしに思い知らされたから。 もはや止めることができない時代の変化を、 ひしひしと感じているはずだから。

view more

それにしても不思議。「目に見えない、 内面の美しさこそ大切」という提案は、 ずいぶん昔から女性誌やエッセイがこぞって女性たちに訴えてきたのに、頭ではわかっていながら女性たちは内面より外見を優先し、 ルッキズムが大手を振っていた。 でもここへきて突然、 動かなかった美意識があっけなく動き出したのだ。 それもまた ‘‘ 風の時代 ‘‘のエネルギーなのだろう。 美は一気に多様化し、 姿形の美しさだけではない、 性も年齢も超えて、 本当に清らかなるものを美しいと言える時代に入った。

クリーン ・ ビュ ーティ ーもその1つの表れだし、 オ ーガニックの世界が一つの主流に躍り出たのも、 ただのトレンドではない、揺るがぬ本質に皆が気づきはじめた結果なのだと思う。それは、本物かどうか?嘘がないかどうか?魂がこもっているかどうか?それこそ汗を流して作り上げたものなのかどうか?物があふれている時代だからこそ、 そこをしつかり と見極めなければと言う意識がすべての人の中にとても自然に生まれているのだ。 まさに物より心。 心のこもった、魂が入ったものでなければもうありがたみは無い、 そういう時代に入ったのである。

だからこそ、 オ ーガニックコスメを心から愛する人が増えてきた。 何を使って、 何を使わないか、 そこでオ ー ガニックにこだわると、 何倍何十倍という手間がかかる。 その基準をクリアするだけでも膨大な手間がかかり、 さらにまたその信念を曲げないために並大抵でない努力がいる。 なぜそこまで、 ひたむきになれるのか?何がそうさせるのか?もちろん地球環境を汚さない、 人の手に毒されていないものを作りたいという一心。 でもそれを支えるのは、 妥協せず、近道をせず、 本質にまっすぐ向かう清潔なエネルギー。迷いがないからどんどん熱塁を増していく使命感。 私たちはそれに心打たれるのだと思う。

自然な香りが好き、 奇をてらわないテクスチャ ーが好き、 何よりも自然界の力をありのままに引き出している誠実さが好き……私たちがオ ー ガニックを好きな理由はたくさんある。 でも何より、 その逗しい正義感や、 骨身を惜しまぬ一生懸命さが好きなのではないか。 そこに感動し、 いつもそばに置いて、 一緒に生きてきたいと思うのではないか。 そういう意味で、 オ ーガニックに本気のコスメこそ、 流汗悟道……。だからコスメキッチンはこの言葉を言霊ごと年間テーマとしたのだ。

「流汗悟道」とは、 何事においても汗を流すほど一生懸命に取り組まなければ、 物事の本質が見えない。 怠惰なままでは人の心や世の中の道理も理解できない……そういう意味である。 オ ー ガニックコスメは単に、 オーガニックな成分にこだわっているだけの化粧品ではない。 清らかなる美を許されるのは清らかなるものだけ、 そうした哲学のもと、信念を貫く魂のこもった仕事をするから、 そして本当の意味で人の痛みを知るからこそ、 人の心を震わせることができる、一生懸命だから人を美しくできる尊いものたちなのである。

Kaoru Saito Kaoru Saito

Kaoru Saito Kaoru Saito

Feel nature Choose sustainability 〜自然を感じ、持続可能なライフスタイルを〜 Feel nature Choose sustainability 〜自然を感じ、持続可能なライフスタイルを〜